著名人 PR

石丸伸二市長が大嘘つきと言われる理由5選!虚偽申告に恫喝は言い過ぎ…?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は、石丸伸二市長が大嘘つきと言われる理由5選!ということで、広島県安芸高田市の市長である石丸伸二さんの嘘疑惑に関してまとめてみました。

石丸伸二市長といえば、京都大学経済学部を卒業後、三菱UFJ銀行にて分析・予測の専門家(アナリスト)としてニューヨーク駐在経験もある超エリート。就任当初から、歯にもの着せぬ言い合いで安芸高田市議会や行政の改革を進めてこられました。

そんな石丸伸二市長ですが、最近ネット上ではその流暢な答弁が話題となり、度々Youtubeショートやまとめにあがるようになりました。人口3万人にも満たない市のいち市長としては異例なこと。

そんな注目度抜群の石丸伸二市長なのですが、実はこうしてポジティブな話題になる一方、度々ネット上で『大噓つき』なんて叩かれることもあるんだそう。

いったいどういう理由で、嘘つきだと言われているんでしょうか。

調査をしてみましたので、詳細を見てみましょう。

【結論】石丸伸二市長は大嘘つきなのか?

最初に結論からお伝えすると、

石丸伸二市長 = 大嘘つきではない

と言えます。

これから、5つの嘘と言われるものを詳しくご紹介していくのですが、

そのほとんどが議会側との意見の食い違いが原因がほとんどなんです。

どういったことで、議会側との意見の食い違いが起きたのでしょうか、そしてそれがどうして嘘つきというワードに結びついてしまったのでしょうか。

石丸伸二市長が大嘘つきと言われる理由①居眠り事件

石丸伸二市長が大嘘つきだと言われる理由1つ目は、2020年9月に起きた『議員居眠り事件』に起因します。


引用:X

市議会中に居眠りをした議員に対して、叱咤されたのです。

ティ―カップさん
ティ―カップさん
国会でもそうですが、正直居眠りしている議員本当辞めてほしいものです…お金払って大学の講義で寝るならまだしも、お金もらって会社のデスクで寝ている人なんていないでしょう。

両者の意見はこちら。

居眠り議員側の意見

  • 『無呼吸症候群により一過性の脳梗塞を起こしていた』という医師の診断書を市長に提出(オリジナル・医師名が黒塗りされていない)
  • 提出したのに市長は「見てない」と言い張る
  • 居眠りに関してこれ以上説明しない

市長側の意見

  • 診断書は渡されたが、個人情報だったため中身を確認せずシュレッターにかけた
  • 説明責任を果たすべきだ

と両者の意見は真っ二つ。

というより、論点が違い過ぎて話し合いにもなっておりませんが…。

議員側からすると、市長は「嘘をついている」という見方になりますし、この居眠り事件以降、市長と市議会との溝はさらに深まったと言われています。

みなさんは、どのようにお感じですか?

ネット上では、

そんな病気なんだったら、もう辞職して静養した方がいい
変に病気とか言い訳せずに、謝罪して事を収束させるべきだ

なんて意見が大多数。

個人的にも、コピーをとっているなら、市長はすぐに診断書を見てみればいいし、見たところで、じゃあ病気なら居眠りしてよいものなのかという話でもないので、静養された方が…という結論にしかならないように思うのですが…。

こういった意見の食い違いが、石丸伸二市長が嘘つきだと言われた1つの理由になります。

湯呑さん
湯呑さん
地方の一議員の居眠り、そして叱咤される姿が、全国ニュースにもなり、Yahooトップニュースにも上がったのは、少々不憫にも感じますが…。

石丸伸二市長が大嘘つきと言われる理由➁恫喝発言

先ほどの、居眠り事件に起因して、石丸伸二市長が大噓つきだと言われる理由2つ目に、『恫喝事件』というものがあります。

市長就任直後の2020年9月30日の議会との会合の場で、「複数の議員から恫喝発言を受けた」とツイートし、これまたネット上で話題になりました。更に、メディアがいる場で「山根温子議員から恫喝を受けた」と名指し。

両者の意見はこちら。

山根議員側の意見

  • 9月30日の議会の場で、「議会と対立すると、あなたの政策は通らなくなりますよ」「敵に回すと」という発言があり、それを市長は恫喝と受け止め、さらに自分の発言だとされている。
  • 音声データ(市長をお呼びして、議員から胸につける市章についての話などをした後からの録音で、全部で約25分)公開、恫喝はなかった

市長側の意見

  • 「議員数名から、議会の批判をするな、選挙前に騒ぐな、事情を補足してやれ、敵に回すなら政策に反対するぞ、との説得?恫喝?あり」とツイート
  • 弁護士を通じて山根議員に内容証明を送付

とここでも両者の意見は真っ二つ。

音声データはこちらで公開されております。

https://yamaneatsuko.net/20210331-2/

引用:やまね温子議員HP

こちらに関しては、恫喝の発言の実際聞いていないことから、恫喝があったのか、なかったのか当事者以外ハッキリわかりません。


引用:X

15名ほどの議員に囲われて、何か言われること自体、恐怖を感じてネガティブに捉えてしまったのかもしれませんし…。

ただ、こちらも議員側からすると、恫喝発言などなかったのに、あったものとでっち上げられていると嘘を言っていると言われてもおかしくありません。

水筒さん
水筒さん
正直石丸市長も学歴も経歴も素晴らしい人間なのでしょうが、対人とのコミュニケーション力や調整能力が少々欠落されているような気もしますよね…。

石丸伸二市長が大嘘つきと言われる理由➂アプリ

石丸伸二市長が大噓つきだと言われる理由3つ目は、『アプリに対する発言』だと言われています。


引用:X

ここでは、SPOBYという健康管理アプリが、

  • 世界初の技術(アルゴリズム)
  • 全国初の取り組み

だとツイートされていました。

しかし、

  • 世界初の技術(アルゴリズム) ⇒ 根拠に乏しい
  • 帯広市が令和2年9月に帯広市健康マイレージ事業開始 ⇒ 全国初ではなかった

とのことで、嘘をついたと言われました。

ティ―カップさん
ティ―カップさん
正直、居眠り事件や恫喝事件に比べれば、なんてないことです…。

石丸伸二市長が大嘘つきと言われる理由④虚偽申告

石丸伸二市長が大噓つきだと言われる理由4つ目に、『虚偽申告』があげられます。

こちらは、2022年9月17日から19日にかけて、台風14号が安芸高田市を通過した際、石丸伸二市長がプライベート旅行で不在だったというところから始まります。

台風14号は、幸いにも大きな災害もなく、19日には抜けていきましたが、石丸伸二市長が不在であったことに対して、市長の責任問題にまで議論は発展しました。

ティ―カップさん
ティ―カップさん
大規模な災害があると、よく首相が官邸入りをし、対策本部を立ち上げますよね。首相官邸は関係省庁や地方自治体による災害対応の司令塔となるんです。市町村も同じですね。

ちなみに、石丸伸二市長は、18日に開催された千葉県の「九十九里トライアスロン」出場のためプライベート旅行中だったとのこと。

引用:X

議員側の意見

  • 「最強クラスの台風の恐れ」が広島県をおそうとわかっていたのに不在であったのは無責任だ

※安芸高田市は、18日には災害対策本部を設置して避難所を開設し、消防団は19日0時には屯所に詰め、警戒体制に入っていました

  • 副市長は、「市長は、安芸高田市に不在であることは知っていたが、どこにいるかは知らなかった」のもいかがなものか

市長側の意見

  • 「九十九里トライアスロン」出場は、プライベートであるから議会で議論されるべきではない。
  • 必要な指示が出せる体制をとっている
  • 今はどこにいても連絡はつく
  • 携帯電話やインターネット、動画の共有だってできる
  • 連絡が取れなかった時間は正味30分

た、たしかにこれは…。

地震などは突発的に起こるもので、至急帰れば許されるかもしれませんが、台風などの事前予測出来たものに関しては、やはり近くにいた方が良かった気がします。

そして、石丸伸二市長の連絡が取れなかったのが、正味30分というところに関しても、トライアスロンは一般的に2時間前後かかるらしいので、虚偽の申告ではないのかと言われてしまいました。

石丸伸二市長が大嘘つきと言われる理由➄選挙ポスター代

石丸伸二市長が大嘘つきだと言われる理由の最後に、『選挙ポスター代の支払い』に関することがあげられます。

こちらは、2023年5月に裁判の判決が出たものになりますが、市長選挙で、当選した石丸伸二市長からポスターやビラの製作を請け負った業者が報酬の一部しか支払われていないとして裁判を起こしました。

石丸伸二市長側としては、公費での負担となる上限にあたる34万円余りを報酬額とする合意があったと主張

しかし、営利企業が赤字になることわかっていて、請け負う理由は乏しい。双方の間で報酬額に関する明確な合意はなかったものの、業務内容に見合う額という共通認識があったと認めるのが相当だとして、残りの報酬にあたる72万円余りの支払いを命じる判決を言い渡しました。

この件に対しても、裁判の結果がでて敗訴しているため、結局また石丸伸二市長側の嘘ではないかと言われてしまうことになってしまいました。

まとめ

今回は、石丸伸二市長が大嘘つきと言われる理由5選!ということで、広島県安芸高田市の市長である石丸伸二さんの嘘疑惑に関してまとめてみました。

もう少し互いが歩み寄ることが出来ていたら…?

もう少しお互いの言い分を飲み込むことが出来ていたら…?

新しく斬新な企画を提案しているにもかかわらず、多くの案は市議会で否決される。

外から見ていて、この構図は、もったいなさすぎます。

動画を拝見していても、市長のやり方は確かに少し強引です。言い方も厳しいです。頭もきれるし、もうなんだか威圧感半端ないし、顔も怖いです。議員の方々の中には、今まで自分たちのやり方でやってきたんだという自負がおありなのも十分理解できます。また中には、本当に真剣に、議員という仕事に向き合っている方もいらっしゃることでしょう。

ただ、石丸伸二市長のように若くしてこれほどの経歴を持ち、地元に帰ってくるなんて皆が出来ることではありません。

残る任期も1年を切りましたが、変なフィルターを掛けずに、安芸高田市を良くしていこうという思いだけで、建設的な話し合いがもたれ、両者の溝が少しでも埋まることを祈るばかりですよね。

error: Content is protected !!